引退間近の「とれいゆつばさ」使用!!山形ワーケーション新幹線に乗ってきました!!

引退間近の「とれいゆつばさ」使用!!山形ワーケーション新幹線に乗ってきました!!

2021年12月19日 0 投稿者: Daisuke

こんにちはDaisukeです!!

今回は12/3に一度の延期を経て運行された、びゅうトラベル主催の「山形ワーケーション新幹線の旅」に乗車してきましたのでその時の様子をお届けしていきます!!

目次

山形ワーケーション新幹線とは?


まず、ワーケーションとは「ワーク+バケーション」を合わせた言葉で、観光地やリゾート地で過ごしながら仕事をする働き方のことを指します。

その中で観光新幹線として唯一運行している「とれいゆつばさ」を使用し、ワークをしつつ
足湯や食などを楽しみながら山形県へ旅をしようというのが今回の企画になります。

また山形到着後も各観光地やホテル・旅館などを楽しむことができることも魅力の一つです!!


運行概要

上野または大宮駅を11時頃に出発し車内で仕事をしつつ足湯などを楽しみながら、山形新幹線の停車する各駅に停車していき、山形県内のさまざまな観光地や旅館などへの移動し、休暇を楽しむような流れになります。

また事前予約をすれば車内で足湯を楽しむことができます!!

コース内容としては


宿泊コース:山形駅や天童駅などから宿泊施設に移動し観光を楽しむ
片道コース:純粋にワーケーション新幹線を楽しみ山形新幹線の各駅で下車する


の2種類になります。

乗車記録

今回私は上野駅から参加しました!!(足湯の予約も事前にしています!!)
新庄駅までの片道4時間程度の旅となります!!
なお、何気にびゅうトラベル企画のものには初参加の私です笑

集合場所は上野駅入谷改札口付近のパンダ像の前でした。

なお参加者は報道によると80名ほどだった模様です。

パンダ蔵の前で受付が行われていました。

受付が完了次第各自で地下の新幹線ホーム(19番線)まで移動します!!

ぽつんと外れたところに列車表示がある光景
(上野駅列車停車位置案内)
今や6両編成自体が新幹線ではとれいゆつばさのみになってしまいました。

「とれいゆつばさ」は出発の15分程前に入線し、
10分ほど前にドアが開き乗車可能となりました!!

とれいゆつばさ入線シーン

客層としては鉄道ファンの方もいらっしゃいましたがスーツ姿の方や純粋な観光客の方も多くおり、予想よりも企画の趣旨に合っている客層の方もいらっしゃいました。

今回は参加者全員がお座敷席の利用で、11号車の普通座席車両は使用禁止(関係者用車両)となっていました。

お座敷車両の車内の様子

11:00定刻通りに上野駅を出発しました。

車内はほぼ満席で全ての席で相席になっていました。
(後々気づきましたが12号車と14号車が途中駅での下車の方が多く13号車は終点まで乗車する人とある程度振り分けられていたようでした。)

上野駅発車後すぐに、記念品(なんとお米もありました!?)と専用(?)のお弁当(内容は後ほど)、そしてアンケートの配布がありました。
(お弁当は足湯から上がった後に食べました。後ほどご紹介します!!)

山形県産「雪若丸」の新米をいただきました!!(ホテルで撮影してます。)

運行日の12/3はとても天気が良く仕事及び休暇どちらにも最適な気持ちい日でした!!

上野駅出発!!

そして11:19頃に大宮駅に到着し多少の乗車がありすぐに発車

普段高速走行をしない「とれいゆつばさ」の高速走行を楽しめる区間に入ります。

大宮駅出発

車両が古いこともあってか現在運行している車両に比べて揺れが多い印象でした。

車内アナウンスが控えめだったので仕事に集中しやすく、お座敷席のテーブルもパーテーションで仕切られていても広くとても使いやすい印象でした!!
(身長のせいもあるかもですが少し低いのが気になりましたが)

新幹線区間内では各号車ごとにピアノ演奏があり、
話題のJacob kollerさん(公式サイトのリンクです)の演奏がありました!!

郡山駅付近で演奏が始まりました!!

楽しんでいるうちに列車は福島駅に到着。(途中駅は全て通過します。)
乗り降りはできませんがJR社員のお見送りがありました。(写真は撮れませんでした)

福島駅を出発!!
新幹線区間から在来線区間に入り普段から運行している区間に入りました!!

福島駅出発からスロープを降り終えるまで

板谷峠に差し掛かり、一気に雪景色へと変貌しとうとう冬になったことを実感していると足湯の時間になりました!!

「とれいゆつばさ」は別名「足湯新幹線」とも呼ばれ、16号車の丸々1両が足湯スペースになっています。

入口は車内とは思えない空間が広がっていました!!

入口は温泉のような内装で足湯スペースは赤色の湯船白のソファが2つずつ設置されています。

車内に浴槽ってだけでとても不思議な空間…

楽しめるように全てが外向きに設置されている溜め景色を楽しみつつ足湯も楽しめるなかなか不思議な感じでしたがとても気持ちが良く、リフレッシュできます!!

もう少し景色の良い場所で撮りたかったですが時間が決まっているので仕方ない…
(足湯中の視点)

そして足湯から上がりお楽しみのお弁当タイムです!!

お弁当は

山形県の日本中で有名な駅弁「牛肉どまん中」をとれいゆつばさ限定仕様

にしたもので2段になっていました。

1段目「牛肉どまん中 ピリ辛風・いも煮風煮物」
2段目「三元豚の竜田揚げ・鱈の庄内味噌粕漬など」
おしながき

内容はおしながきを見ていただきたいのですが、山形や庄内など地元の食材がふんだんに使用されており種類・量ともにとてもボリュームのある駅弁で、大の大人でも満足できる内容と量になっていました。

お弁当も食べ終わり、外の景色を見ながら落ち着いていると約4時間の旅も終わりが近づき、もうすぐ終点の新庄駅に到着間近になっていました。

新庄駅到着

15:13終点の新庄駅に時刻通りに到着!!

数分後に出発するつばさ号と並びました

ここでもお出迎えの方が多くいらっしゃり、新庄商工会議所のゆるキャラ「んだにゃん」もいて、さらにここでも記念品をいただくことができました!!

到着後は自由解散となり片道プランは終了となりました。


ということで今回は来年春で引退が発表されている「とれいゆつばさ」とワーケーション新幹線という新たな試みが気になり乗車しましたが、普通の新幹線の座席とは違いテーブルが設置されているため仕事がしやすく、また息抜きができる空間が同じ列車内にあるので面白い試みだなあと思いました。
また、とれいゆつばさ自体は引退してしまうのでゆっくり乗れる団体列車で乗車しましたが今後もう一度普通の運行で乗れればと考えてはいますが難しそうです。
(一度乗車していますが大遅延で普段とは違う運用でした。詳細は下記車窓動画をご覧ください!!)

今回もご覧いただきありがとうございました!!

ぜひ次回もご覧いただければ嬉しいです!!